Kj応援日記!?

kjkj.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 25日

チーム紹介:CHOOP編

様々なタレント事務所の皆さんで構成された混成タレントチーム

中心選手:三宅梢子・庄子知美・半田小由里・影山のぞみ・あやのなど

どの選手も実力があり、どこのポジションでもこなせるオールマイティさは芸能女子フットサルチームの中でNo.1
システムにこだわらない戦い方と、イマジネーション豊かな攻撃は見ていても楽しいです♪

今回の大会では優勝候補の筆頭に挙げられるかもしれません




元々去年のお台場カップに出場していたAmmaliatoreとHbGの中心選手を集めて作られたチームだっただけに、
初めて参加した第1回739カップで、既に高い力を見せてくれました

タレント事務所が異なることが逆に幸いして、コミュニケーションはよく行われているように感じます
最近ではチームワークも高まり、コンビネーションもうまくいっているようです

システムはダイヤモンド型で、庄子(DF)・山本(右MF)・半田(左MF)・影山(FW)が基本形になるでしょうか
オプションとして、庄子(DF)・影山(右MF)・半田(左MF)・あやの(FW)や、
影山(DF)・半田(右MF)・庄子(左MF)・あやの(FW)なんていう形も面白いんじゃないかと思います

五十嵐りささんと実力的には変わりないレベルの岩田さんや山本さんが控えにまわらなくてはいけない程層は厚く、
青山さんの的確なコーチングや、川島さんの独特なリズムのドリブルもチームに一味加えています

左右どちらの足も使える選手ばかりなので、相手は相当やりづらいでしょう
ガッタスの里田まいちゃんが内側に切り込まれるプレーを切る練習をしていると、娘。DOKYU!の中で話していましたが、
CHOOPを相手するときには、その練習は役に立たないかもしれません。。。
まあくるみちゃんも豪快な左足のシュートを決めてる所を目撃してるので、使えるかどうかは分からないのですが・・・^^;
練習しておくことは良いことなので、無駄にはならないと思います

フィールド内だけでなく、コートサイドからも声がたくさん飛びます
控えにまわっている選手からも的確な指示が出ているのもCHOOPです

運動量が豊富な選手も多いし、隙はあまり見当たりません。。。
ただ横に振られるとシステムが崩れることもあるので、
対戦チームは大きなサイドチェンジも意識しながら戦っていった方が良いでしょう

carezza同様、グループリーグの突破はまず間違いないと思いますが、
キーポイントはガッタス戦でしょう。。。
今回の大会は決勝戦がCHOOP対carezzaになる可能性も十分にあり得ると思ってます
それくらいレベルは拮抗しているんじゃないでしょうか

決勝トーナメントを有利に戦うためにも、グループ予選は相当力を入れて戦わないといけません
初戦から本気のCHOOPに注目です!
[PR]

by kj_kurumi | 2005-07-25 18:00 | CHOOP


<< チーム紹介:FANTASISTA編      チーム紹介:carezza編 >>